K-Style2000について


K-Style2000で実践している練習は「ソフトキックボクシング」

読んで字のごとくハードに体に当てたりする練習は基本的にいたしません。

イメージ画像 子供が楽しそうにシャドウボクシングをしている姿

 「じゃあ、ボクササイズみたいなもの?」と質問されると答えは「No!」なのです。

ボクササイズは対人練習はしませんが、ソフトキックボクシングは対人練習はあります。

 

どちらかと言うと普通のキックボクシングジムの練習よりも対人メニューに当てる時間は長いかもしれません。

その理由は「当てない」練習内容なので痛みや怖さがなく、長いラウンドがこなせるからなのです。

 

練習中は集中していただきますが、ジョギングのように「会話できるレベル」での練習メニューも組みますし、「ああだ、こうだ」と言いながらの練習もありです。

 

初対面同士でも練習が終わる事には、お友達のような関係ができると思います。

 

しかも当てないからと言ってキックボクシングの技術がお座なりになっているかと言うと、そんな事はありません。

 

しっかりとした技術は身につきます。

 

もちろん試合出場もできます。

 

「痛くない」「楽しい」「技術が身につく」「カロリー消費は半端ない」と言う「ソフトキックボクシング」は練習生の皆さんの希望に沿ったメニューになるかと思います。

 

是非、本格的な技術を身に付けながら楽しくワークアウトできる「ソフトキックボクシング」に触れてください!

女性のイメージ

女性におすすめする理由

  • 数字にとらわれない健康なリアルダイエットになります

  • 護身術は体力よりも心構え

  • パンチ・キックでストレス発散

  • 子供と楽しくキック。共通の時間を過ごしませんか

  • 短い空き時間を利用していい汗をかきましょう


小学生のイメージ

小学生におすすめする理由

  • 失敗しても笑って再チャレンジ 強い気持ちを育てます

  • 好きなことを見つけて思い切り楽しめる

  • 学校以外の友達、ジムメイトが作れる

  • 小さな自信で大きく未来を描ける

  • 自信がつけば試合に出てみよう
  • 大きな声で挨拶できるようになろう!!

男性のイメージ

男性におすすめする理由

  • メインにしているスポーツのクロスオーバートレーニング

  • 精神的な余裕から生まれる自信の構築

  • 学校・職場とは違う人間関係と居場所を作りましょう

  • 若者はもちろん、中年になっても気軽に出場できる試合もあります

  • 好きなだけ食べて飲んでも太らないカラダを作りましょう
  • 趣味を持って日常の生活に非日常的アクセントをつけましょう

高齢者のイメージ

高齢者におすすめする理由

  • 静的ストレッチより積極的に動かして生涯、動ける体になります

  • まずは体力維持から始めましょう

  • 薬はいらない、病院に行かない 元気な毎日を

  • 格闘技経験のある方は自分のしたいことをお楽しみいただけます。余計な指導は控えます。

 


スタッフのイメージ

障がい者の方に

  • 体力維持を楽しく自主的に

  • こだわり強くても大丈夫。今日するメニューの見通し作りからお手伝いします

  • 新しいジムメイトを作ろう

  • 新しい所外活動の場所に

 


学校、会社と自宅。もう一つの生活の場として活用してもらえたら嬉く思います。

 

「健常者、高齢者、障害者が一緒に楽しくキックボクシングが出来る空間」

 

いろんな人と練習して明るく元気に!

「高齢者は病院に行かない」「若者は部屋に閉じこもらない」

まずは自分のペースでキックボクシングを始めましょう!!

Kick for it!! 

(まずは蹴ってみよう!)